アクリル系の壁仕上げ材に、ジョリパットと呼ばれる塗装剤があります。内装だけでなく外壁塗装にもよく用いられている塗装剤で、優れた耐久性を持っています。その上、防火性や防カビもあるため、およそ15年ほど前から話題になっています。家の外壁にコテ模様があるなら、この塗料を使っています。常温では粘り気のある液体ですが、水で薄めてから吹き付けの仕上げに使うこともあります。また顔料を混ぜて着色しているため、家の外壁なら少しずつ色が褪せてきます。色が薄くなっても優れた耐久性は変わりませんが、見栄えは多少悪くなります。また壁面は風雨などによって、年月と共に汚れが付いてきます。従って、そうなる前にリフォーム専門の塗装業者に塗り替えをしてもらうと、家が長持ちします。

外壁の塗り替えの時期は何年位か

ジョリパットによる外壁は、サイディングボードの家に比べて暖かみを感じるために、人気があります。デザイン性の他に、紫外線や雨にも強い塗装剤ですが、最短で15年前後、長くて20年で塗り替えが必要になります。しかしひび割れを起こしにくい塗料なので、その分メンテナンス費用は抑えられます。仮に地震などの特別な揺れが起きた場合は、縦方向の接合部分にクラックが発生することもありますが、通常の状態なら大きなクラックは生じません。塗り替え時に縦方向の接合部に特に注意すると、万全の対策となります。家の塗替えを依頼する場合は、住宅構造に詳しい塗装店を選ぶと問題が起きません。さらに顧客目線でコストを考えてくれる業者で、塗装後のアフターフォローもあるところなら、長い付き合いができます。

外壁を塗り替える際に注意する点

外壁にひび割れが生じた場合、メンテナンスとして伸縮系の塗料がよく使用されます。この塗料は柔らかくて伸縮性に富んでいるため、万が一ひびが広がった場合でも、柔軟に対応できます。しかし、ジョリパットの壁面にはこの塗料が使えません。その他、洗浄は中圧で洗うようにします。高圧で洗ってしまうと、壁面が水分を吸い込むためです。いったん水分を含んでしまった壁面は、乾くまで塗装工事が行えません。塗装面の表層だけでなく、内部も乾燥させる必要が出てきます。間違った塗り替え作業をしないためにも、実績のあるベテランの塗装業者を選ぶことが重要です。相談や見積もりを無料で行っている業者なら安心です。特に家の外壁の塗替えは、複数の見積もりを検討するとトラブルがありません。